yamoriblog

Twitter→@yamorijp

女性声優ユニットの時代はもう終わりなのか?

こんにちは。

今回はいろいろと乱発されてはいつ間にかなくなってたりする女性声優ユニットについてです。

昨年はアース・スター ドリームゆいかおり、every♥ing!が解散。
今年はミルキィホームズWake Up, Girls!が2019年に解散すると発表がありました。

アニサマに出演したり、複数のアニメでタイアップを取っていたりする知名度のあるユニットが無くなっていくのはとても悲しいです。

声優ユニットはもう限界なのか

近年はアイドル声優ブームが沸き起こっていますが、このように知名度のある声優ユニットが無くなっていくのはそれの終焉の始まりなのではと思ってしまいます。

Aqoursどうぶつビスケッツ×PPPらがMステ等の音楽番組に出演するなど、メディアの進出は進んでいますがサブカルチャーであるアニメや声優の消費期限が近づいてる気がするのです。

②フェスの出演数で考えてみる

声優ユニットの人気について、
自称世界最大のアニソンフェスらしいアニサマへの声優ユニットの出演数で考えてみたいと思います。
どちらもシクレは除きます。

アニサマ
17年
1日目 AqoursRoseliaPyxisどうぶつビスケッツ×PPP(出演者欄にはけものフレンズと表記)
4組

2日目 i☆Risアイドルマスターミリオンスターズ、スフィア、キラキラ☆プリキュアアラモードサマーセッション
4組

3日目 Wake Up, Girls!ミルキィホームズTrySail
3組

合計11組

18
1日目 Aqours、Poppin'Party、Wake Up, Girls!
3組

2日目 ウマ娘スタァライト九九組、TrySail
3組

3日目 アイドルマスターミリオンスターズ、
i☆Ris、妹S、ミルキィホームズ
4組

合計10組

1組少なくなっているという結果になりました。
2年連続で出演しているのは、Aqoursi☆Risアイドルマスターミリオンスターズ、ミルキィホームズTrySailの5組。

この5組は人気だけではなくスマホアプリがあったり、タイアップが多かったり、アニサマとの関係が深かったりして選ばれたのかなと思います。

少なくなっているということはそこまでアニサマ運営はユニットに集客力はないと判断したのでしょうか?
スケジュール的に人が揃わないからって理由が最もだと思いますが。

③今流行りのユニット形式

ラブライブアイドルマスターはユニットですけど、バックが大きかったり、声優さんの中には他の作品にあまり出ていない人がいたりして特殊な存在だと思うので、今回は話しません。

知名度のあるユニットで今年のアニサマに出演していないのはPyxis七森中☆ごらく部Run Girls, Run!ワルキューレなどですが人数が少ないユニットは解散や活動休止で無くなりつつありますね。

アニサマに出演したウマ娘に加えて温泉むすめ、Tokyo 7th シスターズライブレボルトといったアイマス形式の多人数ユニットが今の流行りなのではないかと思います。

③これから

知名度的にはまだまだですが探してみるとアニメ等の作品が関係ないユニットがいくつかあったりします。
これからそれらが人気になって、ブーム再燃してくれればなぁと思います。
ユニット好きなので。

ではまた。